避妊失敗した場合にピルには保険は適用できる?

ピルは、本来は、望まない妊娠をしないように毎日飲むものですが、避妊失敗した際に服用するアフターピルというものがあるのもご存知でしょうか。

アフターピルは、たとえばセックスの際にまったく避妊をしなかったり、避妊のためにコンドームを使用していても何らかの理由により破れたり外れたりして避妊失敗した時に、緊急で飲む避妊薬です。

避妊失敗してから、72時間以内に飲むことで高い確率で妊娠しなくて済むのですが、飲むのは早ければ早いほど効果が高いので、失敗したと思ったらすぐに婦人科に行って処方してもらうのが良いでしょう。

しかし、基本的に保険適用はできず、すべて自己負担になるので、病院によっても異なりますが5000~1万前後くらいかかると思って多めに持っていくようにしましょう。

レイプなどで必要な場合も、基本的には保険適用外になることが多いですが、病院や自治体などによってはあとで補助が出る場合もあります。

また、未成年がアフターピルを必要な場合は、母体保護法指定医となっている病院であれば親に知られることなく処方してもらうことができますが、避妊目的のピルの処方には保険適用はされません。

避妊のためではなく、月経困難症や子宮内膜症、PMSの症状が思いなどで悩んでいる人で、それが病気と診断されれば保険適用出来ることがありますが、その場合は毎日飲むタイプの低用量ピルであることに限ります。

最近では、ネット通販などで販売していることもありますが、届くのに1~2週間ほどかかる場合もあるため、避妊失敗したすぐあとに頼んでも意味がないため、もしネットで購入する場合は、失敗した時のお守りとしてあらかじめ準備しておくのがよいでしょう。

ただ、いくら緊急で避妊できるといっても、やはりきちんとコンドームなどで避妊をしてセックスするのが一番望ましい行動と言えます。