女性ホルモンと生理不順

女性は月経の遅れによりストレスが原因であると悟ったり、他の病気を疑ったり妊娠が判明したりと思春期から老年期まで体におこる変調なども知る事が出来ます。
小学生の中学年と言われる少女期から徐々に卵巣ホルモンの分泌量が増加してきます。
思春期になる準備期間とも言えます。
思春期は体の変調が盛んな時期ですから、卵巣ホルモンの分泌量が急激に増えます。
初潮が始まるのもこの頃に多い傾向があります。
様々なホルモンの調整期間でもある為、ホルモン分泌はまだアンバランスな状態でもあり初潮を迎えても生理は不規則だったりするものです。
中学生くらいから高校生くらいには排卵もおこり生理周期も安定してきます。
それ以降の成熟期は女性ホルモンも安定した時期ですが、結婚や妊娠や出産で体の状態も変化しホルモンバランスにも乱れが生じます。
仕事をしている女性も含めて、社会的にも責任ある年代だけに体に異常はなくても精神的なストレス等で生理不順になるケースも多々あります。
30代後半から更年期にかけては、特に婦人科の病気や様々な病気もおこりやすくなる傾向がありますから定期的な検診も大切です。
健康や美容に欠かせない女性ホルモンは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンほか各ホルモンのコントロール機能で成り立っています。
不安やストレスは女性ホルモンと生理不順にも大きく影響してきますから気をつけたいものです。