トリキュラーが生み出す様々な作用

「トリキュラー」は、避妊以外でも多くのメリットがあります。それは、【生理痛が軽くなって、毎月の生理が苦痛でなくなる・生理の出血量が減って、貧血が改善する・ホルモンバランスが安定し、ニキビが改善する・子宮内膜症の悪化を防ぐ・長く飲み続けることで、卵巣がん、子宮体がん、乳房良性疾患のリスクが減る・骨粗しょう症ななりにくくなる・女性に多い関節リウマチを予防できる】というようにさまざまな効用があります。

entry_img_02

「トリキュラー」は、その避妊効果を維持するためには、飲み忘れをしないことがとても重要です。
食前でも食後でも問題はないのですが、1日1錠、決められた順番に、ほぼ決まった時間に服用してください。
万一、飲み忘れた場合には、飲み忘れが24時間を超えていない時には、気づいた時点ですぐに飲み忘れた分を飲んでください。

そして、ここからが重要な説明なのですが、その日の分も毎日決めて飲んでいる時間に通常通り飲んで下さい。
飲み忘れが24時間を超えていて、避妊が目的で「トルキュラー」を服用している場合には、服用を7日間一旦中断して、別の避妊法に切り換えてください。
この間に月経が来ますが、この期間は避妊が確実ではないため、別の避妊を併用してください。

そして、7日後から新しいシートの「トリキュラー」の服用を開始してください。
1か月の使用量は、最大30錠です。用法・用量を守って、正しく服用しましょう。