妊娠をコントロールする基礎体温やピルとセックスレス

近年における女性の社会進出、また不景気による共働きの増加で出産の高年齢化が進んでいます。
結婚しても働かなければ生活を維持できない女性が増えたため、最近では妊娠をコントロールし、将来子どもを育てられる金銭的余裕や生活の安定の目途がついてから妊娠に向けて活動する事も珍しくありません。
女性がイニシアチブを取って妊娠をコントロールするために行える事の一つに、まず基礎体温があります。
これは毎朝起きた直後、できれば決まった時刻に体温を測り、自分の今の月経周期を把握するためのものです。
基礎体温によって今自分が妊娠しやすい時期なのか妊娠しにくい時期なのかを知る事でパートナーとのセックスをコントロールする事ができます。
また、完全に子どもを今産みたくないといった女性の場合はピルの服用が考えられます。
現在処方されているのは副作用のリスクを軽減した低用量ピルであり、産婦人科で処方してもらえます。
ピルは生理一日目を初日とし毎日一錠服用する事で妊娠へのリスクを限りなく低減する事が可能です。
最近では昔に比べて性に淡白な人が増えているため、妊娠のリスクを考えるとセックス自体が面倒になり若い夫婦でもセックスレスに陥る事も少なくありません。
いざ子どもが欲しいと思ってもセックスレスでは作ることすらできません。
ピルによる避妊であれば妊娠の不安を気にせずパートナーとセックスできるので、夫婦間のセックスレスの可能性も低減する事ができます。
このように現代では女性の側から積極的に妊娠出産について自主的にコントロール時代になっています。
リスクを考えつつ基礎体温やピルなどを利用する事で、女性らしいライフプランを立てる事が可能な時代なのです。