ストレスでやってくる生理不順

生理不順とは、生理の周期が乱れ、生理がこなかったり、反対にだらだらと続いたり、生理痛がひどいなどといった症状です。
最近の若い世代に多い生理不順ですが、その原因として、不規則な生活やダイエット、過度のストレスでやってくる生理不順が多く、美意識が高い女性だからこそなりやすい現代病と言えます。
生理不順を放っておくと、妊娠しにくくなったり、不妊症の原因になることがあるので注意が必要です。
生理不順は、ホルモンのバランスが崩れていることが大きな原因なので、規則正しい生活リズムを取り戻し、ホルモンのバランスを整えることが大切です。
また、ストレスを溜めないことも重要で、心身のストレスは生理周期に大きな影響を与える原因になるため、ストレスが溜まっているなと感じたら、休暇をとったり、趣味に没頭するなど、ストレス発散することが大切です。
栄養不足や体の冷えも生理不順の原因になるので、日常生活でできる生理不順の対策として、これらの原因を取り除くこと、そして、若い女性に多い無理なダイエットは止めて、ストレスを感じさせない健康的なダイエットを行うことが望ましいです。
自分自身の生活習慣を見直し、それでも生理不順が3ヶ月以上続く場合は、重大な病気が隠れていたら大変ですので、婦人科受診をお勧めします。